donate




商品

自然栽培 (無農薬・無肥料)

自然チュニジアにおけるオリーブ栽培は、昔から政府が化学肥料や農薬の使用を厳しく禁止していたため、ほとんどのオリーブ農園では農薬を使わない、無農薬・有機栽培によるオリーブ栽培を行なってきています。 そのため、近年、チュニジアの有機オリーブおよびオリーブオイルが世界中から注目されるようになってきたのです。 2001年時点では、約1万2,000haのオリーブ園が国際オーガニック認証を取得し、1年間で生産されるオリーブオイル約20万トンのうち約2.5万トンがオーガニック認証を受け、有機オリーブオイルとしては世界NO.1となっています。

Huilnordでは所有するすべてのオリーブ園において、化学肥料や農薬は一切使わずオリーブを栽培しています。 収穫も一つ一つの果実を丁寧に手で摘み採り、栽培からオリーブオイルの生産まで、すべて自社で行ない安全管理しています。 Huilnordでは、年間約8,000~9,000トンのオリーブオイルを生産しています。これは、チュニジアでもトップクラスです。